オールオン4(オールオンフォー、all on 4)を使ったインプラント治療なら上野・さいたまオールオン4相談センター

診療・カウンセリング予約は
お気軽にお電話ください
0120-326-321
  • 若島歯科医院 (埼玉・浦和・川口)
    9:00~13:00 / 14:30~18:00 ※土曜は、16:30まで
    [休診日] 木曜・日曜・祝祭日
  • 上野スマイル歯科インプラントセンター
    10:00~18:00
    [休診日] 祝祭日

入れ歯治療について

入れ歯治療についてFOR DENTURES TREATMENT

「All-on-4」(オールオンフォー)治療や従来のインプラント治療と異なり、 人工の歯根を顎の骨に埋め込まずに人工の歯を取り付け、欠損した歯を補う方法が入れ歯治療です。
入れ歯(治療)には、オールオンフォーや従来のインプラントと比べ以下のようなメリット、デメリットがあります。

入れ歯治療のメリット

安全である

入れ歯治療は骨を削る必要がなく製作することができるので深刻な治療事故が起こることがほとんどなく安全です。

安価である

入れ歯治療には保険が適用となるので比較的安価に製作することができます。

種類を選択することができる

自由診療の場合には、豊富な種類の中からご自身に合った入れ歯を選択することができます。 その場合には以下のようなデメリットをある程度解消することができます。

治療期間が短い

患者様のお体、お口の状況、通院頻度によって異なりますが、一般的にオールオンフォーや従来のインプラントと比べ治療期間は短くなります。

取り外し可能

取り外し可能なので調整や修理がしやすい。

入れ歯治療のデメリット

装着感に違和感がある

保険適用の入れ歯治療を選択した場合、入れ歯に厚みがあるため見た目や装着感に違和感がある場合がある。

オールオンフォーや従来のインプラントの場合と比べて咀嚼力が弱くなる

過度の負担を加えると隣接する歯への負担を大きくし痛みを感じることがあります。

食事が不快になる

総入れ歯の場合、上顎全体がプラスチック等で覆われてしまうので、 食べ物の味や温度や感触が分かりづらくなり、食事が不快になる。

歯槽骨が吸収されてしまう

入れ歯の圧迫感によって歯槽骨(顎の骨)が吸収されてしまう。

他の治療方法に比べて寿命が短い

歯茎や顎の骨が痩せるため、オールオンフォーや従来のインプラントに比べて寿命が短い。

手入れが手間である

毎日取り外し、お手入れをしなければならないという手間がかかる。

外食や旅行を楽しめなくなる

日常生活でのケアが必要になるため、外食や旅行を楽しめなくなる。

オールオン4無料カウンセリング実施中!!

0120-326-321
[お電話受付時間] 10:00~18:00 [休診日] 祝祭日

pagetop