オールオン4(オールオンフォー、all on 4)を使ったインプラント治療なら上野・さいたまオールオン4相談センター

診療・カウンセリング予約は
お気軽にお電話ください
0120-326-321
  • 若島歯科医院 (埼玉・浦和・川口)
    9:00~13:00 / 14:30~18:00 ※土曜は、16:30まで
    [休診日] 木曜・日曜・祝祭日
  • 上野スマイル歯科インプラントセンター
    10:00~18:00
    [休診日] 祝祭日

オールオンフォーの寿命

オールオンフォーの寿命LIFESPAN

「All-on-4」(オールオンフォー)の寿命は患者様の口腔内の衛生状態やケアの方法、噛み合わせの状態、 喫煙の有無、全身疾患の有無等によって異なりますが、通常は、インプラント同様10年後累積残存率が約90%と言われています。

「All-on-4」(オールオンフォー)の寿命

オールオンフォーの寿命を伸ばす為には何よりも日々のセルフケアと定期的な検診が大切です。 インプラントが基本的に虫歯にならないとはいえ、インプラントにも歯周病に似た細菌感染が起こります。 この細菌感染をインプラント周囲炎と言います。インプラントは天然歯にある感染等の細菌に対する防御機能がないため、 天然歯よりも細菌感染しやすく、これらインプラントに付着した歯垢(細菌のかたまり)が歯肉の炎症や 歯槽骨の破壊を引き起こし、インプラント周囲炎となります。そして、インプラント周囲炎が進行すると インプラントの脱落を招いてしまいます。そのため、インプラント周囲炎予防がとても大切となります。 インプラント周囲炎予防のためには、セルフケア、定期検診の他に正しくバランスのとれた噛み合わせも大切となります。 一定の歯にばかり過度な力がかかると歯垢が蓄積してしまうからです。

また、歯ぎしりや食いしばりによって一定の歯に負担がかかってしまうことも オールオンフォーの寿命を縮める要因の一つと言えます。なぜなら、 インプラントには天然歯が持つ歯根膜(歯槽骨と歯の間にあって噛むことによる歯への力を制御する役割を持つ組織)がなく、 インプラントは直接歯槽骨と結合しているため、歯ぎしりや食いしばりによる衝撃をそのまま受けてしまうので、 その結果としてインプラントを傷つけてしまうからです。もし、歯ぎしりや食いしばりを指摘されたことのある方は、 マウスピース等で対策をとることも可能ですのでご相談ください。

「All-on-4」(オールオンフォー)の寿命

さらに喫煙は、歯周病菌と戦う白血球の機能を低下させたり、 ニコチンが体内(血管)に入ることにより血管を収縮させ歯肉の血流を悪くする等の理由から歯周病を引き起こしやすく、 さらに歯周病を悪化させると言われています。一般にタバコを吸う方は吸わない方と比べて歯周病にかかりやすく、 さらに多く歯を失っていると言われています。オールオンフォー手術後もタバコを吸うことによって インプラントを支える骨や歯周組織が弱まりインプラントが脱落しやすくなります。 オールオンフォーの寿命を長持ちさせるためにも是非禁煙されることをお勧め致します。

さらに、オールオンフォーの寿命は、高血圧、糖尿病、心臓病等の全身疾患による影響も受けます。 全身疾患を持つ方は、場合によってはかかりつけの病院と連携して手術をする必要がありますので、必ず手術前にご相談ください。

オールオン4無料カウンセリング実施中!!

0120-326-321
[お電話受付時間] 10:00~18:00 [休診日] 祝祭日

pagetop